松山技研株式会社

事業案内

熱処理・表面処理をトータルにサポート。材料選定から処理条件の最適化まで用途・目的に応じた提案をいたします

金属材料の持つ特性を活かし、部品として求められる機能や性能に導き出すことこそが、熱処理・表面処理技術の役割です。用途・目的にふさわしい部品性能を、より高品質で実現し、より速やかに提供するために、松山技研はつねに技術ノウハウの研鑽に取り組むとともに、管理体制の構築を追求しています。 最新の金属材料に対応した処理条件の設定、品質精度を保証する管理システムの構築と運用、そして大学等の研究機関や異業種分野とも積極的に交流しながら推進する新処理技術の研究開発。こうしたたゆみない技術ノウハウへの取り組みを通じて、つねに最適な技術提案を行う体制づくりを行っています。

■熱処理事業部

ガス浸炭、ガス軟窒化、高周波、ガス浸硫窒化など、広範な熱処理加工をサポート。小型精密部品から大型建機部品などに至るまで、ますます多様化するニーズに応えます。

熱処理事業部 詳しくはこちらから

■真空炉事業部

材料特性に応じた最適処理の実現へ。真空熱処理技術と金属材料に精通したエキスパート集団が、長寿命、高精度、光輝性に優れた高品位な熱処理を実現します。

真空炉事業部 詳しくはこちらから

■コーティング事業部

最新鋭の設備と技術が、新時代の高機能膜を実現。低摩擦・平滑性・耐食性等ハイクオリティーのコーティングを提供しています。

コーティング事業部 詳しくはこちらから

■表面処理事業部

国内全ての自動車メ−カ−の高耐食スペックに
対応した2つのラインナップが、金属部品の命を延ばします。

表面処理事業部 詳しくはこちらから

Copyright 2007 Matsuyama Giken Co.,Ltd.All Rights Reserved.