松山技研株式会社

コーティング事業部

独創の新世代コーティング松山技研の技術が異次元の高機能皮膜を実現します

熱処理によって得られる硬度の限界を超えて、理想に迫る金属材料の実現へ。 松山技研は、産学官の壁を超えた全国的視野での共同研究・開発を通じてコーティング技術を追求しています。 従来のTiN(窒化チタン)・TiAlN(窒化チタンアルミ)等の技術から、ダイヤモンドの硬度に迫るDLC(DIAMOND LIKE CARBON)のさらなる熟成まで、 松山技研では今日のセラミックコーティング技術の多彩な可能性を拓くため、 用途開発のご支援、試作・評価・試験等についてもお引き受けしています。

■保有技術詳しくはこちらから

■保有設備詳しくはこちらから

AIPアークイオンプレーティング装置
HCD方式ハイブリッドコーター
UBMS・スパッタリング装置(DLC装置)
DLC除膜装置
ラジカル窒化装置
超微小硬さ試験機(ナノハードネステスター)
AEセンサー付自動スクラッチ試験機(レベテスト)
薄膜用ボール・オン・ディスク摩擦摩耗試験機(トライボメーター)
簡易精密膜厚測定機(カロテスト)
走査型電子顕微鏡(SEM)

■技能士詳しくはこちらから

DLC(DIAMOND LIKE CARBON)
DLCとは高硬度のカーボン皮膜の形成技術です。松山技研では従来DLCの難点とされていた密着性の低さを、 スパッタリング法を用い金属膜と炭素膜を傾斜的に付着させることによって克服、 より剥離しにくく密着性の高い膜形成を実現しました。


Copyright 2007 Matsuyama Giken Co.,Ltd.All Rights Reserved.